もしもの時の備え!自動車保険は必須です

もしもの時の備え!自動車保険は必須です

日本では満18歳になると自動車の免許を取得することが出来ます。
自動車大国である日本では自動車の免許は必要不可欠の免許と言っても過言ではありません。
東京のように交通の便が整理されている地域ではそれほど自動車の免許は必要ないかもしれませんが駅が少なく、山間部や農村地区などの地方では日頃の行動の足として自動車は無くてはならないものだと思います。

そして、その自動車になくてはならものが自動車保険です。
これが有ると無いとでは万が一の時の非常時にとても大きな差があるからです。
自動車保険には大きくわけて二つの種類があります。
自賠責保険と任意保険がそれです。
自賠責保険とは強制保険とも呼ばれており、自賠責保険への加入は法律で定められており、すべての自動車と原付は必ず加入しなければいけない保険になります。
もし、自賠責保険に加入していないと厳しい罰則があるため何があっても必ず加入するようにしましょう。
任意保険はその名の通り任意での加入が基本となりますので加入してもしなくてもどちらでも平気な保険となります。
ただし、一般的にもしもの時に自賠責保険だけでは保証が足りずに困る場合がありますので自賠責保険と同時に任意保険もセットで加入するのが一般的に当たり前です。
そもそも自動車保険とは何なのでしょうか?

保険とは万が一の時に備えた金銭的な保証の事を言います。
自動車保険の場合は交通事故によって怪我を負わせてしまった場合の治療代や破壊してしまった物の修理代なんかの賠償時に効力を発揮します。
賠償する金額も様々で何千万円からもしかしたら何億円という大金を一般の人が短期で支払うことはほとんど不可能に近いと思います。
そんなときに保険にもし加入していなかったらすべて実費で支払わなければなりませんが、保険に加入していると保険で補う事が出来るのでとても重要なのです。
自動車を所有する人にとって自動車保険はもしもの時の備えとして加入しなければいけない自動車とは切っても切れない関係なのです。

Copyright (C)2014もしもの時の備え!自動車保険は必須です.All rights reserved.